おもちゃの病院

ボランティア技術屋集団

 

 あだちトイ・ドクターズ 



世話人 小林保男


こわれたおもちゃを無料で修繕いたします。

 あだちトイ・ドクターズは、学ピア21生涯学習センターを拠点に、東京都足立区内10ヵ所の地域学習センター、図書館、あだち再生館等で、おもちゃの病院を運営し、壊れたおもちゃの修繕をしています。

 

 千住おもちゃの病院は、足立区千住にある学びピア21生涯学習センター5階研修室で、毎月第1土曜日午前10時から午後3時まで活動しています。

 

 詳細は各病院のページにて、ご確認をお願いします。


    修理の際の留意事項

 壊れてしまった大切なおもちゃをお持ちくだされば、無料で修繕いたしますが、部品代、材料費がかかる場合もあります。

 

 おもちゃによりましては、修繕をお断りする場合もありますので、受付時に十分、ご相談をお願いします。

 

 その場で治せない場合は、一定期間お預かり(入院)させていただきます。(入院期間は、基本翌月の開院日までとなりますが、修理内容によりましては、長引くケースもあります)

 

 修理品の受け取りは、受け付けた病院になります。お客様のご都合が悪い場合は、ご相談ください。

(例:千住おもちゃの病院で受付 → 千住おもちゃの病院にて引取り)

 特別なイベント等を除き、先着順で受け付けております。

事前予約はありませんので、当日お越しください。


 足立区にある施設等で活動していますが、足立区外の方でも、受け付けます。


 受付時に、診察申込書を書いていただきます。おもちゃ1点に付き1枚書いていただきます。多数お持ちくださる方は、それぞれ書いていただくことになります。お手数を掛けますが、よろしくお願いします。

 

 また、時間短縮のため、事前に用意できる様、各おもちゃの病院のページに診察申込書をダウンロードできるようにしてあります。

ボランティア技術屋集団

あだちトイ・ドクターズ

世話人 小林保男

経歴

荒川おもちゃ図書館トイ・ドクターの豊富な経験を経て、現在、あだちおもちゃの病院で活躍中。

あだちトイ・ドクターズの生い立ち記(院長挨拶に替り)

 

おじさんはネ、トイ・ドクター、おもちゃのお医者さんなんだヨ〟と、始めて会った見知らぬお子たちに話しかけたことが何回もあります。

 結果、どこでも、いつでも、どの子も、そのとたんに心を開いてくれました。息せききって〝おじさんの家どこ? 行ってもいい?〟という子もいました。

 いまのお子たちは、情報にとても敏感なんですネ。とっくにトイ・ドクターという存在を知っていたのです。

〝大きくなったら、ボク、おもちゃのお医者さんになるんだ〟という夢を語ってくれた子もいました。

 子どもたちと、その愛するオモチャたちとのこころの交流は、私どもおとなが考えているよりも、ずっとずっと深いものだということが思われます。
 トイ・ドクターは、こういうお子たちと、オモチャというものをはさんで、深くかかわり合うことができるように考えます。
 これは、一応、現役を退いた〝むかしホビー少年たち〟にとって、パラダイスを見つけたよろこびを味わえるってもんです。
 ずっとしまい込んでいた古い道具箱に埋もれていた小道具たちも、小踊りしだしました。今までご無沙汰していた最新の武器(電動工具や接着剤など)たちともご対面できました。
〝近頃のこどもたちは?!〟と疑問だらけだったお子たちの世界も少し覗き見して、理解できそうな気分です。

続く・・・トイ・ドクター物語へ